2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

普通注目普通期待

  • 必殺新作パッケージタワー建設まであと…
    Cafe Sourire
  • 絵はいい、それ魅力
    Cafe Sourire
  • すげーしそう!!!!!
    Cafe Sourire
  • お漏らしするのかなあ…
    Cafe Sourire

ブログパーツ

  • パッチ待ってます

最近のトラックバック

« CAFE SOURIRE の感想と個人的評価 | トップページ | Garden開発凍結・無償代替タイトルの開発 について »

2012年12月 3日 (月)

ウィッチズガーデン の個人的な感想と評価

何だか文句や不満が多いです。先に謝っておきます。

※ネタバレ注意※

・詳しいあらすじやキャラ設定は公式HPから ( http://windmill.suki.jp/product/witch/top.html )

・また一番可愛いキャラがFDで救済(FDで顧客をまた釣る)パターンか…FD出るのかは知りませんけど。

・全体的、共通ルートについて…
はじめに述べておくべきことだと思いますが、本作品の一番の特徴である「E-mote」という立ち絵が動くシステムは、
エロシーンには搭載されておりませんので、目新しさこそあるものの飽きてしまえばそれっきりです。
これはコンフィグでバッサリカットできますので2週目くらいからはそうしたほうがいいかもしれません。

テキストの文調、演出、脚本について特に拒否反応が出るほど辛いということは無いと思います。
ノベルゲーでもないし、読み進めるに辺り楽でも苦でもありませんでした。

世界観をウリにしている本作品であるので、それに浸らせるため、紹介するために存分な時間を費やしていました。
それだからなのか、選択肢の類が一向に出てこず、人によっては肩の凝る展開であるかもしれません。
やっと物語も動き出したしこれで選択肢も出てきて個別ルートにいけるぞ!→日常共通ルートはまだやめへんで!→は?(困惑) のループを3回くらいしました。
とは言え、2週目からはバッサリ超スキップできるのでそこは大丈夫だと思います。

また、後述しますがヒロインにも攻略順が定められている模様です。
正直面倒なので攻略フローチャートがあればそれを見たほうがいいかも。

ういんどみる作品全てかどうかは分かりませんが、ヒロインとのイチャイチャっぷりは他の恋愛ゲームよりは比較的多めだと思われます。
(ここでE-moteが充分に発揮されています)
どのヒロインでも衆人環視のある中でもお構いなしにちゅっちゅするほどですので悶えそうになりました。

主人公たちが青春臭いのはもうしょうがないですね。読んでいて疲れてしまう自分はそういう気力が低下していると痛感してしまいました。

・個別ルートについて…
こちらは(攻略)順に挙げていきます。

①羽多野莉々子
幼馴染で(恐らく)ロリ枠。と言っても年上の姉キャラになります。
初プレイで、誰も狙わない選択をしていけば大概このルートに突入できるでしょう。
核心とはほぼ別のところに主題がおいてあり、またそのために話全体の面白みが欠けます。

騎士であるヒロインと成長していくといった話。
結ばれるまでにしょうもない一悶着があり、因縁の魔物との戦いがあり、上司との一悶着があり、ようやくエンディングです。

ヒロイン毎に何か騒動や問題を起こして、それを解決することで親密でエロい展開に持っていくことはエロゲーにおいて重々承知ですが、
その問題に至るきっかけとなる出来事があまりにも低次元すぎて「は?」と思ってしまいました。
この展開だけ違うゲームかと思いました。

成長していくという意味では因縁の魔物との戦いの件が一番読んでいて楽しかった節があります。
主人公が強くなっていく展開は多少なりとも熱くなってしまいました。
ここで多少、本作品の核心に触れます。
ここで終わっていれば楽しかったですね。

完全に蛇足、というか「これ必要かな?」と思った上司との一悶着の件は、もう終わらせてくれと深夜プレイながら感じてしまいました。
確かに綺麗な締め方かもしれませんが、そこまでやる必要はあったのかな?と言われたら私は何も言えません。
エロ回数増やしたからってこれはもう…。
例えて言うなら高校生が年配の人に説教するくらいの滑稽さでした。

エロに関しては、イチャイチャっぷりは高めではないでしょうか。
使えるかどうかについては自分はその限りではありませんでした。
そうでなくても日常においてバカップルぷりは見て取れます。
恋仲になってからの展開は他の大体のヒロインのルートではもうスラスラと読み進められましたけど、このルートはその限りではないのもネックと言えばネック。

最後に、取ってつけたような特殊な言葉遣いの設定、果たして必要だったのでしょうか…?
キャラとしては好きですが、話に難を感じたので5番。

②柴門水澄
巨乳枠。落ち着いたお姉さんキャラ。

後述の柴門えくれあというヒロインと途中で分岐する形でのシナリオです。
それでも大筋の展開は同じであり、尺で言うならば羽多野莉々子のシナリオよりは遥かに短く読みやすいものでした。
未完成の機械人形のえくれあをなんとかしてちゃんと完成させようという話。
話も全体的に軽いものであり、山場もひとつくらいしかありませんでしたが、このくらいが丁度良く、すらすらと進められました。
その山場も、解決のためのプロセスがものすごく簡単に済ませられたのはむしろ好意的に取ってしまいます。

好感度がいきなりMAXになって、そのままイチャイチャしだして、違和感もあればそれをきちんと解説もします。
イチャイチャっぷりが高めで全体の尺が短めの分そのパイが多く感じられましたし、他のルートよりは格段にライトな印象を受けます。
エロに関しては、その流れをよく組んでいたし、声優の力もあってとても良かったです。
回数で言っても①と同じですし、しょっちゅうエロ展開に行くなあ、と喜びました。

本編の核心にはあまり触れないものでしたが、むしろそのためにとてもお手軽な安牌であるルートと言えます。
キャラもいいし話も読み進めやすかったので1番。

③柴門えくれあ
(恐らく)ツンデレ枠。無表情キャラ。

※おもらしキャラ 計3回※

②をクリアすることで攻略可能となります。
柴門水澄とほぼ同じ流れのシナリオで、また同じくイチャイチャしています。
パッケージでの扱われ方が結構疎かである割には、攻略ヒロイン中ほとんど一番の可愛さを持っているのではないでしょうか。
好感度が一気にMAXに到達してしまうのも同じですね。
重要なことですがこのヒロインのエロシーンは結構おしっこをしてしまいます。

②、③と高評価を与えてしまう個人的な考えから見ると、自分はどうやらイザコザすら面倒になっているようでしたので、そういう意味ではとてもマッチした2ルートでした。

キャラも同じく可愛いし、話もスムーズでしたので同率1番。
追記すると、設定上何かレズ的なシーンや3Pもあるのではと推測しましたが、そういったものは展開されませんでした。

④雪村涼乃
無口枠。恐らくメインヒロインの2人のうちの1人?

詳細は未確認ですが、④以降の攻略は①~③をクリアしなければルートに入れないと思われます。
ですのでルート突入直後から物語の核心に触れるような展開が起こっていきます。
他に比べると若干重めな話だし、無論その分尺も長くなってしまうので、どうしても読むのも疲れました。
それでも展開はポンポン進む(進みすぎるきらいもある)ので大丈夫だと思います。

ヒロインと主人公で記憶がなくなった緋宮あやりを介護していく内に親密になるシナリオです。
恋仲になった以降は本筋に弁えて、申し訳程度にイチャイチャすると思いましたが、本筋もポンポン進んでしまうので尺でいうと同じくらいの塩梅に感じました。
何よりデレ方も男心を鷲掴みにするような一途さですし、妹も可愛いわでとても好印象でした。
そのまま妹も攻略できないかな、できないよな、できるとしてもそれはいずれ出すかもしれないFDでだよな、悲しい。

エロに関しては、ヒロインのデレ方と、とあるエロい特徴で、とても良い部類に入ると思われます。
制服のままラブホに入る高1ってのもすごいと思うけれども。

テンポのよい話と締め方、キャラの可愛さ、妹の存在によって3番。

⑤緋宮あやり
メインヒロイン。

攻略できるのは最後になります。エロ回数とシナリオの尺から考えてやや短め。
というのも後述しますが⑥のあやりトゥルーで補完をされるからです。
これまでのルートを介して少しずつ露見されてきたネタバレがここで帰結します。
それで「ああこれはこういうことだな」と理解していく過程も楽しみの一つかもしれません。
定期的に記憶を失うヒロインにどう向き合っていくかが主題で、⑥と比べてこちらでは失うことを受け入れた上での何とかしようという話です。
話の綺麗さでいうと個人的にはこちらのほうが好きです。

キャラの設定上なんともなりませんが、イチャイチャしているけどなんか引っかかる点はあります。
その分他と比べると楽しめるかどうかは微妙になってしまいます。
エロに関しては、巨乳ももっといいのもいるし、羞恥的な意味でも、声の意味でもいいのがいるし、一番にはし難い…。
あと、もうアイ○ス声優にエロゲのそれもメインのヒロインを抜擢するの本当にいいです。
うまくは…無いと思いますし、(エロ)演技。

絵はいいよね!それでも4番。

⑥あやりトゥルー
①~⑤をクリアすることでプレイできる、これまでのまとめ。
⑤とはまた違う形であやりとイチャイチャします。
これまでの話よりシリアス度があり、各個別ルートの設定だけ引っ張ってきているので、完全に別のゲームのような印象でした。
しかも最後には全ルートを解決したようなことになっているので、いわゆる完全なハッピーエンドになりますが、今までのルートの立つ瀬がないと思ってしまいました。
しょうがないですね。

魔女として覚醒したあやりと逃避するけれどそれっきり、なんとなくフワフワして終わったような気もします。
長いことは長かったですが、悲しいとかハラハラするような展開は特になく、退屈といえばそれまでですが自分はそこそこ楽しんで読み進められました。
最後の展開への持って行き方がちょっと①っぽくてクリック止まりましたけど。
あと、竜の出現から撃退までの一連の流れがあっけなさ過ぎて必要性がよくわからないんですけど、それは大丈夫なんですかね。
よくわからん1枚絵も使ってたのに。

エロに関しては⑤より回数は多め。
いいかどうかは⑤と同じです。
無論声が好きならいけるんじゃないでしょうか。
順位は別につけなくてもいいでしょう。

・他
戦闘シーンで立ち絵を動かして臨場感を強めるという意図は分かりますが、そこはE-moteを使っても申し訳ないですがちょっと無理矢理っぽくて笑えました。

サブキャラに親友キャラがいない分、親世代のキャラの器の大きさは割りと好きです。
無理な展開にも無理な対応をするそういったキャラやモブキャラは都合が良くていいですね。
テンションが躁状態みたいなキャラもいますがまあ…これはうるさいです。嫌いはしません。

最後に、やっぱり妹キャラを攻略したかったです。
良い感じにツンツンしてチョロそうでロリっているので。

・最後に、このゲームは結構なボリュームはあるし、話やテキストやキャラに人を選ぶようなクセもないので変に気を構えずにプレイはできます。
それ相応のプライスではありますが。
あまりエロゲはやりませんがおすすめできるゲームではあります。

« CAFE SOURIRE の感想と個人的評価 | トップページ | Garden開発凍結・無償代替タイトルの開発 について »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1109448/48066849

この記事へのトラックバック一覧です: ウィッチズガーデン の個人的な感想と評価:

« CAFE SOURIRE の感想と個人的評価 | トップページ | Garden開発凍結・無償代替タイトルの開発 について »

牛乳飲めよ

殿堂

  • どういうことなの…
    真・恋姫†無双~萌将伝~応援中!
  • 華琳さまああああああ…ああ…あ…
    真・恋姫†無双~萌将伝~応援中!
  • 華琳さまああああああああ
    【真・恋姫†無双】応援中!
無料ブログはココログ